人間の器が小さ過ぎていら立つが…

人間の器というものは、どうしたら大きくなるのでしょうね。本当に日々、そう思いますよ。もうね、遺伝子レベルで人間の器も、もしかしたら決まっているのかもしれませんね。

もしくは「お金」が人間の余裕のありなしを決める要因だともいわれていますよね。しかし、私は今現在の社会人生活に入る、比較的余裕のある生活をしていた時も、わりと人間の器は小さかったような…。

本当に、大事に育ててくれたお父様お母様ごめんないレベルの人間の器の小ささで、今現在も恩返しは出来ていませんからね。ですからせめて、人間の器を大きくして、周囲に幸せを与えられるような人間になりたい〜とは、まあ到底無理でしょうね。

今朝も、玄関にアリがいつもより多くいただけで若干腹を立てましたから。けれどもまあ、うちの職場のなんとかさんのように、周囲に当たり散らさないだけまだ人間の器があると言ってもいいのではないでしょうか。いや、だけど自分の心のままに生きられる彼女が羨ましくもありますけれど。廃車手続きしたいんだけどどうすればいいの?